« 霊峰の麓。 | トップページ | 寅年賀正。 »

日曜日, 6月 28, 2009

銀乞再動。

Nise_hyousi_2

 長らく絶版になっていた、野田昌宏さんの小説「銀河乞食軍団」が、A4サイズという巨大な合本版として復刊されました。とにかくデカい。寝ながら読むとか無理(笑)

 これと合わせて、鷹見一幸さんによるリメイク版銀河乞食軍団「黎明編」も出ました。


 「黎明編」ホンモノはこちら(笑)
 ↓
Honmono_hyousi

 買って速攻一気に読破。

 もちろん、故・野田大元帥の書いたものではないので、雰囲気の違う部分も
多少はありました。でも、少なくとも、私の中にある「銀河乞食軍団」のイメージ
を壊したりとか、違和感を覚えるとかいうようなマイナス点は一切無く、楽しめました。
 私自身は「銀河乞食軍団」ワールドの一部として大いに認めたいです!
 早く次巻を読みたくて、8月が待ち遠しい!!

 ちょっとだけ惜しい感じがしたのが、表紙の絵。鷲尾直広さんのメカデザイン
は大変素晴らしいと思うのですが、今まで加藤直之さんの写実的な表紙
イラストに慣れていたので、アニメキャラ風イラストにどうしても違和感が……
 ただ、こういう今風な見てくれで、若い新しいファンが増えて合本版も読む
方向につながるのなら、アリなのかも。

 ちょっとした悪ふざけで、以前の銀乞風なニセ表紙カバーを作ってみました。
 イラストはなんちゃって加藤先生風……のつもり(^^;
 鷲尾先生コメンナサイm(_ _)m

Nise_hyousi2
 調子に乗って、バーコードとかHAYAKAWAマークも入れました。

|

« 霊峰の麓。 | トップページ | 寅年賀正。 »

コメント

 銀乞・・・懐かしいねぇ。(^^)

 SF(スペース・ファンタジー?)物なのに、科学技術を語るでもなく、登場人物は科学者でもスーパーヒーローでもなく・・・。
 舞台背景は紛れもなく宇宙なのに、職人言葉が当たり前のように飛び出す下町の町工場のおっちゃんやら兄ちゃん、姉ちゃん、商店会とかが寄り集まって、なにやら凄い事をやっちまうような独特の世界観。
 引き込まれました。

 野田昌宏氏が亡くなって、中断している物語・・・誰かが続編を書かないものかと思っていたのですが。
 まずはリメイク版からですか。
 携帯電話向けの電子書籍でリリースしてくれないかなぁ。

投稿: craftsman | 日曜日, 6月 28, 2009 07:10 午後

>craftsmanさん
 今回のリメイク版も職人満載でした。「宇宙鳶」とか「鉱務店」とか。

投稿: ayucow | 木曜日, 7月 02, 2009 10:08 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70738/45478908

この記事へのトラックバック一覧です: 銀乞再動。:

« 霊峰の麓。 | トップページ | 寅年賀正。 »